既刊書一覧

 

トップ > 市民と法 > 市民と法 No.117 【論説/解説】フランス公証人職の未来 ほか

市民と法 No.117 【論説/解説】フランス公証人職の未来 ほか

※本誌は分冊販売を行っていないため、品切れ表記となっております。

2019年06月01日発行 B5判・123頁

ISBN:※こちらの商品は年間購読料で表示しております。

価格 : 税込9,257 円(税抜:8,571 円)

数量

分冊販売不可

関連書籍

【論説/解説】フランス公証人職の未来 ほか

本書の特色と狙い

「身近な街の法律家」としての使命と役割を担う司法書士の方々に対して、日々の実務の必須知識や指針を提供し、さらには自らが蓄積した知識や情報、業務の現状に対する問題提起や司法書士制度の将来展望を考察し、提言・発表する場でもある総合法律情報誌!
本誌は書店では購入できません。小会へ直接年間購読をお申込みください(分冊販売はいたしません)。
 

『市民と法』の総索引(No.51〜No.79)を公開しています。コチラからご確認ください。

年間購読のお申込みはコチラから。

 
  • バックナンバー
 

本書の主要内容

大論公論
 所有者不明土地対策の本格化
 法務省民事局民事第二課長 村松秀樹
【論説/解説】
・フランス公証人職の未来
 パリ第13大学教授 ムスタファ・メキ〔著〕
 北海道大学名誉教授 吉田克己〔訳〕
・司法書士による登記原因公証計画案
 日本司法書士会連合会司法書士総合研究所不動産登記制度研究部会主任研究員・司法書士 藤縄雅啓
・ベンチャー企業と司法書士──挑戦者の思いに向き合いながら──
 日本司法書士会連合会司法書士総合研究所登録研究員・司法書士 丸山洋一郎
・個別支援現場での他職種協働における司法書士の役割──福祉等専門職へのアンケート調査に基づく考察──
 日本司法書士会連合会司法書士総合研究所登録研究員・司法書士 鹿島久実子
・電気の受電に関する最高裁判決の概要とマンションのライフライン管理への影響
 中央大学法科大学院教授・弁護士 升田純
簡裁民事実務研究76
 自動車引渡断行の仮処分
 東京簡易裁判所判事 春名克男
現代家族の肖像と法律問題(5)
 中央大学法科大学院教授 升田純
Q&A簡裁民事実務メモ2
 民事保全手続(2)
 簡易裁判所判事 近藤基
相続・今昔ものがたり(12)──事例で読み解く相続実務──
 法制史学会会員・司法書士 末光祐一
〔付録〕遺留分の減殺5
現場からのアプローチ12
 司法書士相談における保育士との連携の可能性──現代社会に対応する司法書士会の相談環境の整備へ──
 司法書士 稲村厚
全青司ノート37
 司法書士の使命
 全国青年司法書士協議会司法・司法書士制度研究対策委員会委員長 北川雄太
司法書士執務現場報告
 成年後見実務の現状と課題
 司法書士 上野博子
すぐに使える! 資産税の豆知識19
 相続に係わる税理士の助言と相続対策セミナーの危険
 税理士 福壽一雄
裁判手続のIT化をめぐる司法書士事務所の風景(1)[新連載]
 司法書士 赤松茂