既刊書一覧

 

トップ > 成年後見・財産管理・社会福祉 > 成年後見 > 意思決定支援実践ハンドブック─「意思決定支援のためのツール」活用と「本人情報シート」作成─

意思決定支援実践ハンドブック─「意思決定支援のためのツール」活用と「本人情報シート」作成─

公益社団法人 日本社会福祉士会 編

2019年07月20日発行(06月28日発売) B5判・192頁

ISBN:9784865562996

価格 : 税込2,376 円(税抜:2,200 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

成年後見関連

Q&A成年後見実務全書 第1巻─総論・法定後見季

Q&A成年後見実務全書 第1巻─総論・法定後見季

編集代表 赤沼康弘・池田惠利子・松井秀樹

税込4,104円(税抜:3,800円)

Q&A成年後見実務全書 第2巻─法定後見協

Q&A成年後見実務全書 第2巻─法定後見協

編集代表 赤沼康弘・池田惠利子・松井秀樹

税込5,616円(税抜:5,200円)

Q&A成年後見実務全書 第3巻─法定後見隈

Q&A成年後見実務全書 第3巻─法定後見隈

編集代表 赤沼康弘・池田惠利子・松井秀樹

税込4,644円(税抜:4,300円)

Q&A成年後見実務全書 第4巻─法定後見検ηぐ娶絽─

Q&A成年後見実務全書 第4巻─法定後見検ηぐ娶絽─

編集代表 赤沼康弘・池田惠利子・松井秀樹

税込4,968円(税抜:4,600円)

事例に学ぶ成年後見入門〔第2版〕─権利擁護の思考と実務─

事例に学ぶ成年後見入門〔第2版〕─権利擁護の思考と実務─

弁護士 大澤美穂子 著

税込2,484円(税抜:2,300円)

書式 成年後見の実務〔第三版〕―申立てから終了までの書式と理論

書式 成年後見の実務〔第三版〕―申立てから終了までの書式と理論

坂野征四郎 著

税込4,104円(税抜:3,800円)

ソーシャルワーク実践による高齢者虐待予防

ソーシャルワーク実践による高齢者虐待予防

乙幡美佐江 著

税込4,320円(税抜:4,000円)

実践 成年後見【年間購読】

実践 成年後見【年間購読】

[編集顧問]新井誠

税込8,400円(税抜:7,778円)

Q&A任意後見入門

Q&A任意後見入門

井上元・那須良太・飛岡恵美子

税込1,944円(税抜:1,800円)

法人後見実務ハンドブック

法人後見実務ハンドブック

池田惠利子・冨永忠祐・小嶋珠実・田邉仁重・新保勇 著

税込1,404円(税抜:1,300円)

後見六法〔2018年版〕

後見六法〔2018年版〕

公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート 編

税込4,104円(税抜:3,800円)

「意思決定支援のためのツール」の意義と活用方法を示す!

本書の特色と狙い

成年後見制度利用促進基本計画では「本人の意思決定支援や身上保護等の福祉的な観点も重視した運用とする必要」性が打ち出されており、本書はその意思決定支援をプロセスと位置づけたうえで、具体的な方法として開発した2つの「意思決定支援のためのツール」の意義と活用方法を示す!
「ソーシャルサポート・ネットワーク分析マップ」と「意思決定支援プロセス見える化シート」の二つのツールの使い方、記入方法等を準備段階から話し合い、さらに今後に向けた課題整理まで具体的に解説!
さらに、成年後見の申立てに必要な診断書作成のために2019年より導入された福祉関係者が本人の状況について作成する「本人情報シート」の記載例を例示!
「意思決定支援のためのツール」は成年後見だけでなく被災者などに寄り添い生活支援を行う社会福祉士のソーシャルワークにも活用できることを示す!
 
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

序 章 意思決定支援にかかわる日本社会福祉士会の取組み
第1章 意思決定支援と成年後見制度
第2章 「意思決定支援のためのツール」活用ガイドライン
第3章 「意思決定支援のためのツール」の活用方法
1 事例の概要と読む際の留意点
2 発見・気づき・相談から本人にふさわしい成年後見制度利用の検討へ(家族状況の変化に伴う知的障害者の生活環境の再構築にかかわる意思決定支援
3 発見・気づき・相談からの成年後見制度の利用と状態の変化に伴うモニタリング(認知症高齢者の状態に応じた生活環境の調整にかかわる意思決定支援)
4 保佐人の権限行使に関するチームでの検討とモニタリング(高次脳機能障害のある被保佐人が「必要な支援」を「本人との共同作業」で確認する意思決定支援(保佐))
5 社会福祉士のソーシャルワーク実践における活用例(被災者の気持ちに寄り添いながら生活の場の選択を支える意思決定支援)
資料 意思決定支援をめぐる動向