既刊書一覧

 

トップ > 市民と法 > 市民と法 No.124 【論説/解説】国民目線で考える裁判のIT化─簡易裁判所のIT 化から─

市民と法 No.124 【論説/解説】国民目線で考える裁判のIT化─簡易裁判所のIT 化から─

※本誌は分冊販売を行っていないため、品切れ表記となっております。

2020年08月01日発行 B5判・116頁

ISBN:※こちらの商品は年間購読料で表示しております。

価格 : 税込9,600 円(税抜:8,727 円)

数量

分冊販売不可

関連書籍

大論公論
 緊急事態下における裁判手続のあり方――IT化促進の必要性――
 日本大学教授 杉本純子
【論説/解説】
・国民目線で考える裁判のIT化─簡易裁判所のIT化から─
 桐蔭横浜大学教授 笠原毅彦
・信託における遺留分の侵害と相続法の改正
 三井住友信託銀行法務部 田中和明
・民事信託支援業務のための執務指針案100条(2)――法3条業務としての民事信託支援の確立に向けて――
 渋谷陽一郎
▼短期集中連載▼
・遺産承継業務の現状と課題(3)
 司法書士 佃 一男
・弁護士法72条における「一般の法律事件」「法律事務」の意義についての一考察(1)――私人間の法律行為の委任・代理の可否の観点を中心に――
 司法書士 木曽雄高
・写真の著作権等をめぐる諸問題(1)
 弁護士 升田 純
判決特報
 不動産登記申請の委任を受けた司法書士の申請委任者以外の者との関係における注意義務の範囲
 (最判令2・3・6)
簡裁民事実務研究83
 交通損害賠償訴訟における損益相殺の考え方と事例の検討
 小松簡易裁判所判事 朝日和人
現代家族の肖像と法律問題(12)
 中央大学法科大学院教授 升田 純
Q&A簡裁民事実務メモ9
 民事訴訟手続(3)
 簡易裁判所判事 近藤 基
相続・今昔ものがたり(19)――事例で読み解く相続実務――
 法制史学会会員・司法書士 末光祐一
〔付録〕法定相続分の修正◆粉麝進◆
現場からのアプローチ19
 共感・賞賛の力――相談の本質とは何か――
 司法書士 稲村 厚
全青司ノート44
 新型コロナウイルス感染症に起因する社会混乱に対する全青司の取組み
 全国青年司法書士協議会生活再建支援推進委員会委員長・司法書士 平野 瞬
すぐに使える! 資産税の豆知識26
 民法改正が相続税申告に及ぼす影響、思いがけない譲渡所得課税・贈与税課税とは
 税理士 福壽一雄
法律家のひとりごと
 再開発はおもしろい
 弁護士 中村芳生
裁判手続のIT化をめぐる司法書士事務所の風景(8)
 司法書士 赤松 茂
若葉からの便り
 司法書士 岡本祝二