既刊書一覧

 

トップ > 市民と法 > 市民と法 No.69 【特集】大震災・大災害の法律相談

市民と法 No.69 【特集】大震災・大災害の法律相談

※本誌は分冊販売を行っていないため、品切れ表記となっております。

2011年06月01日発刊 B5判・176頁

ISBN:※こちらの商品は年間購読料で表示しております。

価格 : 税込9,257 円(税抜:8,571 円)

数量

分冊販売不可

関連書籍

【特集】大震災・大災害の法律相談

本書の特色と狙い

「身近な街の法律家」としての使命と役割を担う司法書士の方々に対して、日々の実務の必須知識や指針を提供し、さらには自らが蓄積した知識や情報、業務の現状に対する問題提起や司法書士制度の将来展望を考察し、提言・発表する場でもある総合法律情報誌!
本誌は書店では購入できません。小会へ直接年間購読をお申込みください(分冊販売はいたしません)。

年間購読のお申込みはコチラから。


  • バックナンバー

本書の主要内容

大論公論
 会社分割の濫用
 熊本地方裁判所長 難波孝一

【論説/解説】
・不動産登記代理委任と法令遵守確認義務(7)──委任論と機関論の相克、埼玉訴訟判決の二つの意味と5号相談概念の混迷──
 司法書士 渋谷陽一郎

【特集】大震災・大災害の法律相談
1 震災の法律相談
  弁護士法人 淀屋橋・山上合同
2 大震災・大災害と人事労務管理上の諸問題
  千葉大学法科大学院客員教授・青山学院大学客員教授・弁護士 岩出誠
3 東日本大震災にみる不動産と復興計画・復興立法をめぐる諸問題
  弁護士 坂和章平
4 大規模災害発生直後における司法書士の法律相談をはじめとする対応
  司法書士 伊藤浩平
5 現地に赴き法律相談を
  司法書士 芝知美
6 東日本大震災と風評損害(1)
  中央大学法科大学院教授・弁護士 升田純
【Topic】市民救援基金で震災復興を支援する
       日本司法書士会連合会統合災害対策本部事務局次長 安藤信明

司法書士執務のための最新重要判例解説
・土地の賃貸人および転貸人が、転借人所有の地上建物の根抵当権者に対し、借地権の消滅を来すおそれのある事実が発生したときは通知する旨の条項を含む念書を提出した場合とその不履行をしたときの損害賠償責任(最一小判平22・9・9)

・定額郵便貯金債権が遺産に属することの確認を求める訴えの確認の利益(最二小判平22・10・8)

簡裁民事実務研究28
 過払金返還請求訴訟事件における過払金返還債務の承継(1)
 大阪簡易裁判所判事 柏森正雄

平成時代の借地・借家の裁判例(17)
 中央大学法科大学院教授 升田純

簡裁民事実務ノート50
 事例による和解条項案作成のポイント(28)
 清水簡易裁判所判事 近藤基

実務 渉外登記入門(17)
 外国会社の登記における宣誓供述書
 NPO法人渉外司法書士協会会員・司法書士 草薙智和

先例と実務の隘路を問う
 日本のADR法による認証紛争解決事業者は北米型のメディエーションモデルをどこまで活用することができるか(8)
 司法書士 加藤俊明

司法書士執務現場報告
 最近の任意売却の対応
 司法書士 松井直子

商業登記実務相談室54
 定時総会終結後の登記実務
 日本司法書士会連合会登記制度対策部商事法務WT部委員・司法書士 尾方宏行

裁判と登記 不動産登記訴訟とその登記手続(68)
 司法書士 加藤俊明

司法書士の「心象風景」【第3回】
 司法書士・北田基司編(2)
 司法書士 猪股秀章

〔四方処視〕この悲しみをいつの日かほぐさん
〔オー! ミステイク〕死者を被告とする訴訟
〔登記所情報〕

〔中民研定例会報告〕