既刊書一覧

 

書籍売上ランキング(2021年12月1日〜12月31日集計)

第1位  弁護士に学ぶ! 契約書作成のゴールデンルール〔第2版〕

奥山倫行 著
2021年12月22日発行 四六判・334頁 価格 : 税込2,750円(税抜:2,500円)

 

本書の特色と狙い

適正な契約書を作成して証拠化を図り、無用なトラブルや紛争を回避するための戦略的な活用法・ノウハウをわかりやすく解説!
第2版では、民法(債権法)改正に対応するとともに、電子契約の基礎知識、債権回収のための債務者情報に関する規定や感染症に関する規定を見直してさらに充実!
企業担当者はもちろん新人弁護士の契約審査業務のOJTに活用できる巻末付録「契約書審査のポイント(総論)」を追録!
弁護士に学ぶ! 契約書作成のゴールデンルール〔第2版〕

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから

 

第2位  コンパクト倒産・再生再編六法2022

編集代表 伊藤 眞・多比羅誠・須藤英章
2022年01月08日発行 A5判・744頁 価格 : 税込4,290円(税抜:3,900円)

 

本書の特色と狙い

私的整理から法的整理への移行の円滑化等の産業競争力強化法の改正等に対応! 判例要旨441件を収録!
再生型・清算型の倒産手続から事業再生、M&Aまで、倒産・再生・再編手続にかかわる法令・判例等を精選して収録した実務のための六法! 2021年11月1日現在の最新法令!
売上高減少要件の柔軟化、ポストコロナに向けた事業継続アクションプラン策定支援の追加等を行った「新型コロナウイルス感染症特例リスケジュール実施要領」の改定を収録!
コンパクト倒産・再生再編六法2022

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから

 

第3位  失敗事例に学ぶ生活保護の現場対応Q&A

眞鍋彰啓 編著
2021年12月10日発行 A5判・251頁 価格 : 税込2,750円(税抜:2,500円)

 

本書の特色と狙い

生活保護の停止・廃止、78条徴収や63条返還、不当要求や不正受給、SNS投稿による業務妨害などをめぐって遭遇しがちな失敗事例を物語形式でわかりやすく解説!
生活保護の現場で日々奮闘するケースワーカーはもちろん、保護利用者を支援する福祉関係者や生活再建に尽力する法律実務家の必携書!
任期付公務員として職員の悩みを目の当たりにしてきた著者ならではの温かいまなざしと明快な助言をとおして、失敗の原因と具体的な対処法がわかる!
失敗事例に学ぶ生活保護の現場対応Q&A

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから

 

第4位  電子証拠の理論と実務〔第2版〕

町村泰貴・白井幸夫・櫻庭信之 編
2021年12月10日発行 A5判・405頁 価格 : 税込4,840円(税抜:4,400円)

 

本書の特色と狙い

訴訟手続における電子メール等の電磁的記録・記録媒体の取扱を解説!
民事裁判IT化での原本性確認のあり方の章を全面改稿し、発信者情報開示請求での電子証拠活用の新章を設け、最新の実務動向に対応できるよう技術の進歩、法令改正の動向等も踏まえて5年ぶりに改訂!
裁判官・弁護士・検察官・警察官が証拠能力、原本性、成立の真正、電子署名、デジタル・フォレンジック技術の活用等、実務のあり方を提示し、研究者が米・独・仏各国の制度を解説!
電子証拠の理論と実務〔第2版〕

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから

 

第5位  情報・AIの利活用と紛争予防の法律実務

弁護士 服部 誠・弁護士 大月雅博・弁護士 中村 閑・弁護士 大西ひとみ 著
2022年01月20日発行 A5判・527頁 価格 : 税込5,500円(税抜:5,000円)

 

本書の特色と狙い

IoT・ビッグデータ・AIが生成した情報やAI技術などを適切に活用するために、民法、知的財産権、企業秘密、個人情報、独占禁止法等の観点から生じうる法的紛争の類型と防止策を、法分野ごとに関連する裁判例やガイドライン等をもとに予防法務の視点から解説!
企業の第一線で活躍する実務家が参加した「データの利活用に関わる契約と紛争実務研究会」の成果を織り込み、法務現場で知っておきたい留意点がわかる!
「第4次産業革命と法律実務―クラウド・IoT・ビッグデータ・AIに関する論点と保護対策」の姉妹書!
情報・AIの利活用と紛争予防の法律実務

書籍の詳しい情報・ご購入はコチラから