既刊書一覧

書籍・単行本(カテゴリ別)
法律専門誌・学会誌
その他のカテゴリ
会員登録はコチラ
メールマガジンのみの登録はコチラ
 

トップ > 裁判実務 > 民事事件 > 事実認定の考え方と実務〔第2版〕

事実認定の考え方と実務〔第2版〕

田中 豊 著

2021年03月22日発行 A5判・319頁

ISBN:9784865564242

価格 : 税込3,410 円(税抜:3,100 円)

数量

かごに入れる
すぐに購入

関連書籍

要件事実・事実認定関連

完全講義 法律実務基礎科目[民事]─司法試験予備試験過去問 解説・参考答案─

完全講義 法律実務基礎科目[民事]─司法試験予備試験過去問 解説・参考答案─

大島眞一 著

税込2,200円(税抜:2,000円)

続 完全講義 民事裁判実務の基礎─要件事実・事実認定・演習問題─

続 完全講義 民事裁判実務の基礎─要件事実・事実認定・演習問題─

大島眞一 著

税込4,510円(税抜:4,100円)

紛争類型別 事実認定の考え方と実務〔第2版〕

紛争類型別 事実認定の考え方と実務〔第2版〕

田中 豊 著

税込3,630円(税抜:3,300円)

新版 完全講義 民事裁判実務の基礎[入門編]〔第2版〕─要件事実・事実認定・法曹倫理・保全執行─

新版 完全講義 民事裁判実務の基礎[入門編]〔第2版〕─要件事実・事実認定・法曹倫理・保全執行─

大島眞一 著

税込4,180円(税抜:3,800円)

完全講義 民事裁判実務の基礎〔第3版〕(上巻)

完全講義 民事裁判実務の基礎〔第3版〕(上巻)

大島眞一 著

税込4,950円(税抜:4,500円)

新民事執行実務 No.17 【特集】執行現場における現状と課題

新民事執行実務 No.17 【特集】執行現場における現状と課題

編集 日本執行官連盟

税込2,530円(税抜:2,300円)

要件事実の考え方と実務〔第4版〕

要件事実の考え方と実務〔第4版〕

加藤新太郎 編著

税込4,180円(税抜:3,800円)

論点精解 民事訴訟法〔改訂増補版〕─要件事実で学ぶ基本原理─

論点精解 民事訴訟法〔改訂増補版〕─要件事実で学ぶ基本原理─

田中豊 著

税込4,400円(税抜:4,000円)

多くの法律実務家に支持されてきたロングセラーの13年ぶりの改訂版!

本書の特色と狙い

第2版では、現代における重要性と読者にとっての読みやすさを勘案して、初版では取り上げなかった下記の論点を取り上げ、初版における論点の位置づけを変更するなどの工夫を施して、改訂増補!
民訴法248条に規定する「損害または損害額の認定」についての新章を設けるとともに、「当事者の事案解明義務」、「第一段の推定が覆らない場合」、「検証物としての文書による事実認定」、「反対尋問の重要性」の論点を新たに追録し、さらに充実!
民事訴訟における当事者の主張・立証構造と、裁判官による心証形成から事実認定・判断の過程を詳細かつ具体的に解説!
裁判官、弁護士、司法書士等の民事紛争を解決するための実務に携わっている方々のみならず、司法修習生、法科大学院生、法学部生にとっても必読の1冊!
 

編集担当者から一言

新たに追録した第4章に「しばしば、責任論についての審理で疲れ果ててしまい、損害論についてはその主張と立証とを緻密に検討する余力をなくしてしまっているかのようにみえる事実審裁判官に出くわす」とあります。責任論のみならず損害論の重要さにも気づいてほしいという筆者の思いがつまってます!
  • 目次
  • 立ち読み
 

本書の主要内容

第1章 事実認定に前提を成す原理
第2章 直接証拠による事実認定
 第1節 文書(契約書)による事実認定
 第2節 供述(証人の証言、当事者の供述)による事実認定
第3章 間接証拠による事実認定
 第1節 間接証拠による事実認定の構造
 第2節 いわゆる間接反証の成否
 第3節 補助事実としての機能
第4章 損害または損害額の認定
第5章 事実認定と要件事実論
第6章 事実認定と判決書における表現方法